MENU

増大サプリ?チントレ?増大器具?増大手術?ベストな増大法は?

ペニスは主に成長期に大きくなりますが、いくつかの方法により、成長期をすぎても増大できるんです。

 

 

男にとって、ペニスが大きいか小さいかはどうしても気になるところですよね。それに年齢を重ねると、大きさだけではなく硬さだって気になってくるものです。ペニスサイズって男性にとってステータスなんですよね。大きいほど単純に自身のプライドを保てるようにりますよね。ここで詳しい増大方法をご紹介します。

 

増大サプリ

最も安全な増大法です。手術のような即効性はありませんが、安全性は高いです。現在は100種類近く増大サプリが販売されており、どのサプリを購入すべきか迷うところだと思いますが、管理人の実感度ランキングをご参考頂ければと思います。

 管理人が選ぶ増大サプリはこちら

サプリが安心安全、コストも安い

サプリを使ってペニスを大きくすることの魅力は大きく3つあります。

安さ

増大サプリの価格は10,000円〜15,000円が相場で、高くて3ヶ月45,000円が相場でしょう。しかし、まとめ買いによる割引があるサプリが多く、プラスひと箱キャンペーンといったものも多く行われており、実際はもっと安く購入することができるのが実情です。

安全さ

例えば、増大手術をしよと思うと覚悟が必要です。それに将来的な副作用も心配になってきます。サプリは天然成分で作られているものが多く、副作用の心配もほとんどありません。(全てではありません)その上他の増大法とは違い、ペニス自体に負担をかけるようなこともないため傷付く事もありません。

プライバシーの安全性

購入を申し込むと、100%無地のダンボールで送られてきます。品名も「箱類」などと、中身がサプリかどうかさえわからないようにしてくれる業者が多いです。そういった配送方法、梱包で、人に増大サプリを買った事は知られる事はないんです。

 管理人が1ヶ月体験した各サプリランキング

 

チントレ

都市伝説のごとく語られている増大方法です。ミルキング、ジェルキング、PC筋トレなどと様々なトレーニング方法はありますが、しっかりどれもやろうとすると1時間ぐらいかかります。ですが、PC筋トレなどは手軽で、比較的場所を選ばず、労力も大して必要としない増大法として有名です。

PC筋トレ

肛門を開け閉めするだけという至って簡単なチントレです。場所も信号待ちや運転中など様々な場所でできるので最もポピュラーです。
@肛門を5秒ぐらい掛けてゆっくり締める。
A肛門を閉じたらその状態のまま、また5秒ほどキープする。
Bキープしたらまた5秒ぐらい掛けて力を抜いてリラックスする。

ミルキング

牛の乳搾りの要領で、ペニスを絞っていくチントレです。このチントレ前は、できるだけペニスのストレッチやペニスを温めておくことをオススメします。
@ペニスを勃起させる。
A勃起させたペニスの根元部分を親指と人差し指で握る。
B根元から亀頭先端部に向かってペニスを握り込んでいく。

ジェルキング

ミルキングはジェル状のものをペニスに塗るチントレで、結構場所を選びます。また皮が伸びやすいので注意が必要なんですね。
@ペニスにローションなどジェル状のものを塗る。
Aペニスを50%程度勃起させる。
Bペニスの根元をOKのサインで握りこむ。
C根元から亀頭へと指を滑らせる。

 ミルキング・ジェルキングの詳細はこちら
 PC筋トレについて

 

増大器具

効果的にはチントレととてもよく似ていますね。種類も、ポンプ式、牽引式とありますが、値段は3万ほどするものから5千円程度で購入できるものまで幅広いです。怖いのは怪我ですね。最悪EDになってしまうこともあるので使い方には注意しましょう。

ポンプ式

ポンプ式で有名なのは「パワーゲージ」という増大器具です。上の写真がパワーゲージです。勃起したペニスに装着して吸引させる仕組みです。ペニスを下腹部から引っ張り出すような形になるんですね。牽引器具との違いは取り付けが楽で、装着時間も短いという点ですね。

 

ペニスに装着する道具はシリンダーと言いますが、パワーゲージの場合、そのシリンダーのサイズを選べるんですね。シリンダー1つだと19,540円、2つだと23,650円という価格設定です。

牽引器具

牽引式で有名なのは「アンドロペニス」という増大器具です。写真は下の図のようになります。価格は29,800円とこちらもそこそこします。

大きな方の話からペニスを通し、小さい方の輪にペニス先端を固定します。ちなみにこれ、使用後間もない方で1日2時間、1ヶ月程度経ったら1日9時間の装着をメーカーは勧めています。一応装着した上でも服は着れるんでますが、何かあった時の事を考えるとこの上から服を着るのはちょっとリスクがありますね。

 

増大手術

長径術脂肪吸引長径術亀頭増大術と3つあり、値段はどれもバラバラです。一番手軽なのは亀頭増大術で、ヒアルロン酸、コラーゲン、アクアミドを注射します。しかしどの増大手術を受けるにしても、ある程度強い覚悟が必要です。

長茎術

長径術という手術は、一般的に7cm以下の方が受ける人が多いと言います。事実上大きくはなりますが、デメリットも多い手術でもあります。

  • 勃起時の角度がやや下向きになりがちになる。
  • 手術後制約がある。
  • 手術痕が残り、痛む。

と言った点です。ですが最近になって、切らない長茎術という手術が登場しました。

腹部内に収まっているペニスの根を特殊な糸によって引き伸ばして固定するという手術です。この「切らない長茎術」は、これまでの既存のデメリットは克服しているんです。

メスを入れる方法

手術費用・・・300,000~500,000
手術時間・・・およそ30~60分

メスを入れない手術

手術費用・・・100,000~150,000
手術時間・・・およそ30分

脂肪吸引長径術

脂肪を吸引するという名前の通り、この手術法は、ペニスの根元の脂肪を吸引することによって事実上の長さをアップする方法です。お腹の上の脂肪がスッキリするだけで、ペニスに傷跡は残りませんし、どうしても痩せたいという方にはオススメの手術法かもしれません。

費用と時間

手術費用・・・250,000~400,000円ほど
手術時間・・・およそ30~60分ほど

亀頭増大術

アクアミドヒアルロン酸コラーゲンなどを注入する増大術です。ちなみにこれは上記2つとは違い、永久に続くものではありません。個人差はありますが、5〜6年と言われています。また、経験の少ないドクターによっては皮膚が硬くなったり、最悪壊死してしまう事もあるようです。

ヒアルロン酸・コラーゲン

手術費用・・・40,000円~
手術時間・・・10分ほど

アクアミド

手術費用・・・75,000円~
手術時間・・・10分ほど

 長茎術、必要?

 

それぞれの増大法、メリットとデメリットは?

各増大法の内容をご覧いただいたところで、各増大法のメリットとデメリットを表にまとめました。

 

増大方法

メリット デメリット

サプリ

メスを入れたりする必要がない。
労力も不要。

即効性は薄め。
まとめ買いしないと毎月1万円ほど掛かる。

チントレ

お金がかからない。 労力と時間がかかる。

器具

毎月お金を払う必要がない。

効果が出るまで時間がかかる。
大きさが戻るという話も。

手術

即座に効果がでる。

お金と覚悟が必要。
数年後また再手術が必要なケースも。

 

 

こうして見るとどれも一長一短ね。


 

 

でも、さすがに手術は覚悟が要るね。
お金だって掛かるし、通常時長くなっても勃起時の長さ変わらないなんてことあるしね。


 

 

増大器具なんかはどうなの?


 

 

増大器具もそこそこ値段するんだよ。
それにあんまり効果期待できないんだよ、意外とね。


 

 

チントレは?


 

 

やってるよ、密かに。特にミルキングPC筋トレっていうの中心にね。
お金かからないっていうのは大きなメリットだよ。


 

 

でもサプリが一番良いってこと?


 

 

いや、増大サプリ+チントレの組み合わせだね。
サプリもまとめ買いで最大半額ぐらいまで値段下がったりするからね。


 

 

あなたペニス増大させるためにタバコもお酒も辞めたからその辺はすごく尊敬してるわ。


 

 

ほんとか?


 

 

でも浮気は許さないわよ?


 

 

は、はい…


 

【結論】増大サプリはまとめ買いで最大半額ぐらいまで安くなるので、まとめ買い+チントレ(特にミルキング、PC筋トレ)の組み合わせが効果的!

 ミルキングについて詳細はこちら
 PC筋トレについて詳細はこちら

まとめ

ペニスの増大方法には、サプリチントレ器具手術と大きく4種類あり、それぞれにメリット、デメリットが存在します。

 

増大手術は、通常時の長さが長くなるだけで勃起時には変わらなかったり、アクアミドやコラーゲンの注射は数年しかもちません

 

増大器具も、3万円とか普通にする割に、なかなか増大しないのが結局のところです。

 

そこで、管理人は増大サプリ+ミルキングをオススメします。PC筋トレなども場所を選ばずできるのでオススメです。

 

どれを選ぶかは結局のところ人それぞれですが、サプリはまとめ買いで半額ぐらいにまでなるので、やはりサプリが一番いいと判断します。一番安全です。