MENU
  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ペニス増大サプリに副作用はあるのか?危険性は?

誇大広告が横行する現在、特にペニス増大サプリへの怪しいイメージって誰もが持ってる事でしょう。

 

 

このサイトに来てくださる方って、ほとんどの方は本当に効果があるのかという事は気にしても、副作用などの危険性についてまで考えてらっしゃる方、少ないんじゃないかなって思いますがいかがしょう?アナタはどうですか?

 

指先がピリピリしたり、胸がドキドキしたり、そんな微妙な変化を感じた事はありませんか?もしかしたら副作用なんじゃないかって感じたこと、ありませんか?

 

果たして、ペニス増大サプリに副作用はあるんでしょうか?

 

ペニス増大サプリにに副作用はあるのか?ボタンをクリック!

ペニス増大サプリ、その副作用とは?

結論から言うと、増大サプリには副作用などほとんど無いと言えます。指先がピリピリしたり、胸がドキドキしたり、それは副作用ではなく、単純にサプリがその効果を発揮しているっていう、言わば副次的効果です。

 

 

現在、多くのサプリの成分は、天然成分が由来のものが多いです。それっていうのは化学的なものではなく、例えば植物の実だったり、根っこだったり、葉っぱだったりする訳です。つまり、人工的なものなんかじゃないんですね。アレルギー持ちの方は十分注意して欲しいですが、そういった場合は別として、人体には基本的に無害なんです。

 

 

 

それでもごく稀に副作用があったなどと取り沙汰される事って今まで何度かありました。


 

 

 

それにはちゃんとした理由があったんです。


 

 

用法用量を守らない

過剰摂取です。少しでも早く増大させたいという気持ちは勿論わかりますが、1日3粒までのところを6粒も摂取したりする人って、結構居るんです。そうすると、副作用的な悪害が出る事だってあります。

 

 

例えばです。次のような症例、現れた事ありませんか?

 

  • 激しい動悸
  • 体温の大幅な上昇
  • 腹痛
  • 気分の悪化
  • 胸焼け

 

こういった症状が表れてきます。さほど強烈なものではなく、生命の危機に関わるようなものではないかもしれませんが、こんな症状、味わいたくはありませんよね。

 

服用する量を守るのは絶対厳守です。決められた事を守らなければ当然その罰として副作用的な症状が自分の身体に起こっても仕方がない事です。

 

個人輸入の危険なサプリ

あとは海外から個人輸入した危ないサプリもあります。国産のサプリは高い安全性がありますが、中には海外での医療認可を受けていないサプリだって存在します。

 

 

そんなサプリには、日本でも認可されていない危険な成分がサプリの中に含まれている事だって珍しくはありません。こういった危ないサプリの服用を続けていると、上記のような症状が起こったって不思議じゃありませんし、可能性としてはより重篤な症状が発生する危険性もあります。

 

こんな副作用を起こさないために気を付けるポイントは2つです。

 

・用法用量を守る事
・個人輸入したサプリはできるだけ飲まない事

 

 

何も難しい事ではありません。この2つを守る事が大事です。


 

 

薬事法に守れれた日本の増大サプリは100%安全

日本産の増大サプリは安全なんです。この記事のタイトル通り、それは薬事法があるからなんですね。どんなにペニスを大きくするのに有効な成分が含まれているからといっても、体に何か異常が発生してしまっては元も子もないです。海外のサプリには気を付けるべきです。

 

 

しかし、です。危険性がないのは、日本製だけでなく、欧米、特にEU産の増大サプリも安心ですね。欧米、そしてEUでは医療認可がすごく厳しいです。特にEUはあまりにも厳しすぎるという声があがるほど、その認可は厳しく、EUで医療認可を受けたサプリは、発売までに何度も臨床テストが実施されているため、間違いなく安全です。EU産のサプリと言えば、ボルテックスなんかがそうです。ボルテックスは発売が古いながら、安全性が非常に高く、今でも人気があるサプリです。(ボルテックスは2016年販売中止となりました)

 

 

もちろん、日本製だって認可が厳しいので安心です。日本国内では、医薬品でない商品に、医薬品と指定されている成分を入れて商品化する事は絶対にできません。取り締まりが厳しいんですね。

 

ただ上記でも注意しましたが、用法用量は必ず守って服用してください!

 

例えば、病院へ行った時、薬局で薬をもらう時は「どうしても症状が酷いようなら4錠まで飲んでも大丈夫ですからね」と、必ずと言っていいほど服用量の上限説明されませんか?どうしてそういった服用量の上限に注意するのかというと、それ以上飲んでしまうと、【副作用】の心配があるからなんですね。

 

 

例えばロキソニンです。痛み止めの薬として有名で、最大1日3錠の服用までは許されているんですね。これはつまり、それ以上飲んでしまうとロキソニンの副作用が表れるという事を示しています。増大サプリだってそれと一緒なんです。確かに薬ではありませんが、使用用法だけは必ず守って服用してください。それを守らない場合、安全であるはずが予想外の副作用に悩まされてしまう事も発生します。

 

根本的に、増大サプリは時間を掛けて、ゆっくり自然に、そして安全に増大させてくれるものです。外科手術とは根本的に違います。しかし、用法用量を守らず摂取し続けていれば、当然のごとく副作用だって起こってしまうのも不思議ではないという事は忘れてはいけません。

 

次は、個人的に結果の出なかったサプリワースト3を紹介します。

 

「個人的に」効果の出なかったサプリワースト3

効果のあったサプリもあれば、実際ほとんど効果を表してくれなかったサプリも存在します。効果の無かった=ほとんど増大しなかった勃起力も変わらなかったムラムラ度も変わらなかった、そういうサプリです。

 

ワースト3位から発表します。写真をクリックするとレビューページに飛びます。

 

 

 

3タイプ方式、100種成分のサプリではあるんですけどね。


 

 

 

サプリの中身も苦かったみたいらしいわね。良薬口に苦し、って訳じゃないのね?


 

 

 

1mm太くはなったんですが、広告も適当だし、フェイスブックにまで現れるのはウザいですね。


 

 

 

これより値段が高いバージョンもあるのよね。要注意だわ。


 

 

 

 

飲んでいて全く効果の無かったサプリでしたね。


 

 

 

それでも値段はそれなりにしたのよね。


 

 

もしかしたらゼナフィリン、べファインは同系列の会社かもしれません。サプリの構造は違いますが、届けられた箱とか、100種成分とか、すごく似てるんですよね。広告の割に全然結果が伴っていませんでしたね。ただ、2016年12月、両サプリとも販売は終了しているようです。実際効果があって売れているサプリなら今でも販売は継続しているはずですよね。

あくまで個人的な判断です。実際はご自身でお試しして結果は確かめてみてください。

 

よくある誤ったペニス増大サプリの選択方法

ペニス増大サプリ業界では誇大広告が蔓延しています。その中でも特に怪しい公式サイトの特徴を5つ挙げてみます。

 

購入者の感想

よく写真付きで公式サイトに掲載されているあの感想です。例えモザイクが入った写真だとしても、周りの人間に知られたらどう思われるか考えたら写真付きで感想を送ったりしませんよね。

特にツーショット写真なんか怪しいです。

 

白衣を着た開発者

多くどの公式サイトで、白衣を着て顔も露出させたサプリ開発者が掲載されているケースがあります。

あたかも医師であるかのように聴診器なんか首に掛けていたり。外人の医師や開発者も白衣を着てれば非常に胡散臭いです。

 

○○理論というよくわからない理論

これも公式ペニス増大公式サイトによく掲載されている、怪しさ満載の初耳理論です。

ネットで検索すればそのサプリに関してしか出て来ない理論で、もともとそんな理論や論文なんか存在しないんです。

 

赤外線モニターが掲載されている

ペニスがあたかも増大しているという風に見せかける、これも偽装ですね。

サプリを飲む前のペニスモニターから、1週間後、2週間後、と、あたかも実際赤外線モニターで増大を確認しているような表現をしているサプリも要注意です。

 

派手な色のサプリが掲載されている

サプリに派手で、特に不自然な色が付いている場合、その時点で増大成分よりも余計な食品添加物が配合されている証拠です。

効果のあるサプリは派手な色というよりも、むしろ地味で見栄えはよくありません。

 

サプリの飲みすぎで副作用が出るケース

薬物性肝障害を引き起こす最も多いケースとしては、増大サプリの飲みすぎが原因です。
早く大きくしたいと焦る気持ちから、決められた摂取量、または空けるべき時間を厳守しないでいることで、薬物性肝障害が引き起こされてしまいます。

 

ペニス硬太長革命の口コミ効果!増大サプリメントの副作用、安全性

 

しかし、増大サプリは医薬品ではない為にパッケージに用法・用量を記載することは薬事法でこれが禁止されています。

 

副作用で肝機能障害が起きる可能性は否めない

海外から購入したものなどは、何も記載されていないことで、過剰に飲みすぎても問題ないと口コミで勘違いして副作用が出る事も症例としては多いです。
これはかなり危険なので、吐き気がしたら量を抑える、間隔を空けることに注意しましょう。

 

基本的に、用法・用量を守って飲む限りは安全です。

 

前立腺液で亀頭を刺激する

射精を止めたり、再び勃起させたりしていると、尿道口から透明な前立腺液が出てきます。いわゆる先走り液と呼ばれるものです。前立腺で作られる精子とブレンドされて精液となるわけですが、最初に尿道から尿道から染み出してくる透明な状態では精液がほとんど含まれておらず、ペニスの挿入を滑らかにするための潤滑液と考えられています。

 

 

 

この前立腺液を利用して亀頭部を刺激します。


 

 

 

例えば、ペニスの根元を片手で押さえたまま、利き手の指先で尿道口をちょんちょんと叩いたり、丸く擦ったりします。


 

 

快感はそれほど高くありませんが、滑らかな液体での刺激はいままでとは違う格別な快感に巡り合うことができます。さらに多くの前立腺液があふれてきたら、指をくるくる回して亀頭全体に伸ばしてみましょう。

 

同様に尿道口を前後にそっと擦り、敏感な亀頭と陰茎のつなぎ目の裏あたりへ伸ばしてくるくると回して刺激したり、裏筋まで伸ばしていくと心地良い快感を得られます。カリの裏側にも液を伸ばして滑らかな心地良い感触を味わってください。

 

しかし、前立腺液の分泌は最初のうちは少なめなので、亀頭に塗っているうちいすぐに乾いて滑らなくなってしまいます。

 

 

 

そうしたら再び、以前のように亀頭部を中心とした快楽の高い刺激を繰り返します。


 

 

 

そうして前立腺液が再び溢れてきたら滑らかな刺激を繰り返すのです。


 

 

射精感が強くなると前立腺液の分泌量も増えてきます。そうすると亀頭を滑らかな液で刺激する時間も増え、快感は更に高まってきて、亀頭に生じる快感がかつてないがかつてないレベルに達することもあります。そして遂には射精感を抑制する行為を行っても、快感に耐え切れなくなり、前立腺液に混じって白く濁った精液も一緒に溢れてくることがあります。

 

 

 

しかし、これはあまり気持ちの良い射精法ではありません。


 

 

 

このオナニー法を始めたばかりの時はよくあることで、不完全燃焼のままお漏らししたようなやりきれない状況です。


 

 

ですが、これはどうしようもありません。どういう射精が良いかは次の項で述べましょう。

 

まとめ

効果の有無が気になるのは当たり前ですよね。1000円2000円単位のサプリでも効果の有無は気にするものです。当然その金額が1万円もするものであれば尚更です。

 

まとめると、根本的に、増大サプリは体に害なんか全くありません副作用危険性もないんですね。ただし、それは用法用量を守って摂取する限りです。逆に、増大サプリには精力をアップさせる成分なども含まれているので、使用法さえ守れば、体にとって害になるどころか寧ろとても健康的になります

 

基本的に増大サプリに副作用も危険性もないです。

 

但し、必ず、用法用量を守るようにし、ペニス増大は安全に行いましょう。