MENU
  このエントリーをはてなブックマークに追加 

管理人はこんな身なりなので、どちらかというとモテるほうではありません。そのためテクニックには磨きをかけてきました。
しかし、こんな言葉があるのはご存知ですか?

 

キスの相性はセックスの相性よりも重要なんです。というのは、男女間のキスという粘膜交換で、相手のDNAを判断してるんですね。

 

まだキスに重要性を感じてない方へ、あなたにセックスが最後まで盛り上がるキスの仕方を伝授しましょう。

 

盛り上がるキスのテクニックはボタンをクリックしてください。

もっと気持ち良くさせるとろけるキスの仕方とは?

SEXの最後まで気持ち良くなれるキス、それは女性をとろけさせるようなキスです。それにはどんな風にキスをすれば良いか、早速ご紹介します。

 

最初は小鳥キス

まず最初にするキスは、舌を絡ませない、唇を尖らせて(^ε^)-☆!!っとするキスです。これが小鳥キスです。

 

 

ポイントはキスの時に音を立てるところです。「チュッ」という音がないと少し虚しさを女性って感じるんですね。

 

 

小鳥キスは、わざとでも音を立ててキスする事が大事です。


 

 

それから、チュッチュ、と、多少ふざけた感じでも何度も小鳥キスをすると女性も欲しくなってしまいます。


 

 

次は「はむはむ」をする

小鳥キスの後は舌を絡ませる…いいえ、まだ早い早い。口って一つの性感帯なんですね。ここは、相手の唇を自分の唇で挟むようにするはむはむが有効です。

 

 

アクセントとして、唇のはじっこの部分をペロっとしたりするのも効果的です。

 

 

意外かもしれませんが、やればやるほど気持ち良くなってきます


 

 

10分以上はむはむを続けていても、私は飽きません。


 

 

はむはむの後、それからは?

時間がない時はあまりはむはむを楽しむことはできないかもしれません。ですが短い時間でもできるだけはむはむをキスに取り入れるのは忘れないようにしましょう。

 

 

はむはむが終わったら、ようやく相手の女性と舌を絡め合うその時です!しかし、ここで一つやってはいけない事があります。それは

 

奥まで舌を入れてしまう事

 

これタブーです。何故かセックスが下手であればあるほど、女性の口の中に舌を奥まで、しかも荒々しく恥ずかし気もなく突っ込んでくるんですよね。これ、海外ではウォッシングマシンキスって言うんだそうです。どこの国にも居るものですが、それはどこの国でも卑下されてるということでもあるので相手が海外の女性であれこの行為は厳禁です。ポイントは

 

舌を柔らかく使い、あくまでも口の浅いところでキスする事

 

これが正解です。女性があなたにキスしてくる場合を思い出してください。その女性は舌を柔らかく使って、そして口元、浅いところにキスしてくれませんか?そして時折舌を吸ったりもしてくれます。これ、女性にも有効なので、あまり強く吸い過ぎないように気を付けて、女性の舌も優しく吸ってあげてください。
(最初は優しく!はセックスの基本中の基本です。)

 

 

中々うまくできない時は「舌を出してみて?」と誘ってみるのも良いでしょう。


 

 

舌先を軽くチュッと吸うのがポイントです。


 

 

キスだけじゃない、女性をとろけさせるテクニック

小鳥キスをして、はむはむをして、そして舌先を軽く吸って…それだけがキスではありません。他にも色々と、女性をとろけさせるテクニックは存在します。

 

例えばどんな事で女性はとろけるのかいくつか挙げてみます。

 

  • 口移しで飲み物を飲ませ合う
  • アイスクリーム、キャンディーを二人で食べ合う
  • キスの最中、女性の髪に触れ、撫でる

 

どれも女性とイチャイチャできて、しかもちょっとエロくないですか?これらの行為はすごくイイです!イイ感じになっていきます!イイ感じになれば、自然と熱いセックスもできるようになります。

 

 

キスがどんなに大事か、おわかり頂けましたか。


 

 

最初から強引に舌を突っ込んでしまうのはNGなので十分注意してください!


 

 

キスを極めればその後の展開もものすごくスムーズで、そしてラブリーな時間を過ごす事ができます。セックスを極めるにはキスは非常に大事な行為なんです。

 

キスの相性はSEXより大事!とろけるようなキステクニック!

ちょっとここで一般的な人の行うキスから一連の流れをご説明したいと思います。

 

ちゃっちゃとキスを始める

儀礼的なごとく、「まずはキスから」という固定観念から適当なキスから始める

女性の胸に手を伸ばす

思いのまま、優しく愛撫するのは僅かな時間、女性器を愛液で湿らそうとする
 【参考】女性のおっぱい愛撫のやり方

女性のあそこへと手を伸ばしてくる

濡れてきたな、と思ったらインサートの準備に入る
 【参考】女性の陰核・クリトリス責めで勃起させるには?

ちゃっちゃと女性のあそこを触る

これまたインサートの前儀式とばかり、女性を思いやる愛撫まではしない
 【参考】【膣】で感じさせるセックス

インサート

快楽のまま、体力が持つかぎり挿入を続ける

〜Fin〜

 

今時の若い人のSEXって、管理人の偏見もありますが、こんなもんでフィニッシュしちゃってると思います。

 

 

実はこういう「ちゃっちゃっとSEX」(勝手に名付けましたが)、女性は一番好まないです!


 

 

 

一番は、【ちゃっちゃっとキス】、私はここが一番嫌いです。


 

 

管理人も経験ないわけじゃないですよ。特に付き合いが長くなればなるほどセックスに時間をかけなくなりがちなんですよね。少なくとも一般的にはそういう傾向があります。ですが…

 

 

 

SEXの前のキス、それだけでその後のセックスの盛り上がりも違ってくるんです!


 

 

 

最後は恋愛心理学的に見たキスについてです。モテたい男性は必見です。

 

心理的な見地から見たキスの方法は?ボタンをクリックしてください。

男女別・恋愛心理学における「キス」

ここまでは主に性的な側面からキスについて検証してきましたが、今度は恋愛的な側面から「キス」について迫りたいと思います。
ゲストとして、恋愛心理学者のM先生にお越し頂いております。
早速お話を聞いてみましょう。

 

 

 

最初にこちらからお聞きしますが、キスって何だと思います?


 

 

 

え、いきなりですね^^;
愛を確かめ合う方法・・ですか?


 

 

 

まあ合ってます。
恋愛心理学的見地からはキスは男女において、付き合い始めの儀式です。
ですが、キスについて男性女性認識には少し違いがあります


 

 

 

あ、男女で認識は違うんですか?


 

 

 

その通りです。

 

まずは男性側からのお話をしましょう。男性は、キスをしてくれたことによって、自分を受け入れてくれたんだなと、まず思います。キスを受け入れてくれたことによって、すべて受け入れてもらったと思ってしまいがちです。

 

男性はキスをしてからお互い一つになること、つまりSEXへ最短距離で行こうとします
男性はキスではあまり感じない。なので直後、その先に行こうとするんです。

 

そのせいで失敗するケースは多々あるんですよ。


 

 

 

それなら女性側はどうなんですか?


 

 

 

女性としては、全て受け入れたというアピールをしたわけではなくキスをした事で相手に「気持ちが動いています」ということを伝える一つのステップに過ぎないんです。

 

つまり、女性のキスは恋愛へのファーストステップでしかないんです。
女性は、キスをして、更にキスをして、何度もキスをして、相手を確かめてからようやく一つになろうとします

 

つまり、キスで相手と相性がいいのかを見極める能力を持っているんです。ずっと好きだったんだけど、キスしたら冷めちゃって恋愛に発展しなかった…というのは、女性によくあるケースです。


 

 

 

なんとなくわかります・・。


 

 

 

女性としては、全て受け入れたというアピールをしたわけではなくキスをした事で相手に「気持ちが動いています」ということを伝える一つのステップに過ぎないんです。

 

つまり、女性のキスは恋愛へのファーストステップでしかないんです。
女性は、キスをして、更にキスをして、何度もキスをして、相手を確かめてからようやく一つになろうとします

 

つまり、キスで相手と相性がいいのかを見極める能力を持っているんです。ずっと好きだったんだけど、キスしたら冷めちゃって恋愛に発展しなかった…というのは、女性によくあるケースです。


 

 

 

・・納得です。


 

 

 

この見解の違いをはっきりわかった上で、男性は女性にアプローチすれば、下手な間違いをすることはないでしょう。

 

まとめてみますと、

 

  • 男性は女性よりキスを軽く見ている
  • 女性は恋愛において、キスをとても重要なものと考えている。

 

男性はこれを理解しているとモテますレディファーストという言葉を、今一度再認識してみましょう。


 

 

 

日本人もやはりレディーファーストなんですか?


 

 

 

はっきり言えばそうです。女性に合わせるのです。
女性の求めるものを理解して、初めて紳士と呼べるんです。

 

男性のキスへの認識が高まることによって、今よりもっと若者のカップルが生まれることは、間違いないでしょう。

 

男性はもっとキスを学ぶべきだと、私は思います。


 

 

 

ありがとうございました。


 

キスで恋愛関係が破たん?

このページ冒頭でも書きましたが、

 

『キスというその行為で相手のDNA判定を無意識に行っている

 

という話は嘘ではありません。今までの経験を思い返してみてください。例えばキスをしても全然気持ちが盛り上がらなかったことってありませんか?それは相手のDNA配列が自分のものと似ているため、もっと違った相手を探せと脳が命じているのかもしれないんです。というのも、遺伝的に次の事が言えるからです。

 

「DNAが相違すればするほど、高いレベルで強い遺伝子を残すことができる」

 

実際これが確かかどうか、そこはまだ議論の余地がありそうです。ただ、「母性」という言葉があるのに「父性」という言葉が一般的でないように、確かなのは女性は男性より社会性が強いという事です。

 

  • ムード作りをしっかりとしてくれる男性なのか?
  • 将来も自分を大切にしてくれる男性なのか?
  • 産後、子育てもしてくれる男性なのか?

 

と、女性は男性より将来性をよく見ているのは確かです。もしかして上記のようなとろけるキスをしても上手くいかないと思ったら、DNAが合わない、つまり違う相手を探すべきだと、脳が指令を出しているのかもしれません。

 

 

ちなみにお前俺に将来性を感じてた?


 

 

あんまり成功しないんだろうなって思ってたわよ。


 

・・合ってる!!

 

ウソかホントかわからないキスの科学!?

キスには都市伝説のような噂(学説?)がチラホラ巷で、いや、ネットで横行しています。どれも嘘か本当かわからないような説に見えますが、実は実際に実験がしっかりされており、そしてその実験結果に基づいたデータによる立派な学説なんです。ご紹介します。

 

 

キスをする回数が多い人は長生きできる

これはカナダの大学で行われた研究結果です。毎日のようにキスをする人は、毎日キスをしない人よりも長生きをしているという調査結果があります。

 

 

出勤前にキスをしてから家を出るカップルの方が、キスをしないカップルに比べて交通事故に遭う確率が低く、寿命が5年長い

参考:https://welq.jp/437

 

これには理由があって、キスには身体的に、そして精神的に非常に良い効果があるからです。ちなみに家を出る前にキスをして出勤するサラリーマンはキスをしないサラリーマンよりも寿命は5年も長いというデータもあります。

 

ストレスが解消される

ちょっと上の長生きのものと似ているように思うかもしれませんが、これはキスをすると、ストレスを感じるホルモン・【コルチゾール】を下げる効果がある事が立証されたんです。

 

 

人の体内には500種類以上もの菌が存在するが、キスの際に唾液を通じて多数の菌が交換されることになる。その菌に対する抗体が新たに作られるため、お互いに免疫力が上がる

参考:https://welq.jp/437

 

また好きな相手とキスをすれば、脳内麻薬・エンドルフィンが分泌されるため、キスはうつ病対策にも効果あるというデータもあります。

 

免疫力がアップする

キスをして、お互いの口内のバクテリアを交換し合う事によって、体内で新しい免疫ができあがります。結果、風邪花粉症などに対抗できる身体になるということです。

 

キスを唾液の交換、などと考えると、非衛生的な感じがしてなりませんが、実はキスは免疫力を高めるうえでも効果的なのです。
細菌を口移しする(つまりキスをする)ことにより、抗体の生成が活発になりますが、これは予防接種をして体の健康を守ることと同じような効果を発揮します。唾液内の僅かなウィルスやバクテリアにさらされることにより、体の自己防衛機能が刺激され、こうした異物に対する抗体が体内で作り出されるようになるからです。

出典:健康のためにももっとキスをしよう!キスに秘められたヘルシーパワー! | 女子力アップCafe Googirl

 

 

そういや俺、お前と結婚してから1回も風邪引いてないよな?


 

 

それってなんとかは風邪ひかないっていうヤツじゃない?


 

・・・あ!

 

まとめ

とろけるようなキスをするには、

 

小鳥キスはむはむ→舌を奥まで突っ込まず、口の浅いところで舌を柔らかくして舌を吸ったりする

 

というのが基本です。飴玉を二人で舐め合うのも良いでしょう。

 

また、キスはDNAが自分と相違してるのか確かめ合う作業であるという説もあります。どうしても気持ちが盛り上がらない場合、違う相手を探しましょう。

 

それからキスには、

 

  • キスをする回数が多いと長生きできる
  • ストレス解消・うつ病対策になる
  • 免疫力がアップする

 

といった学説があります。今後のキスの参考にしてみてください。