MENU

アナル・アヌス。女性のヒップへの愛撫の仕方でSEXは変わる!

このページではお尻への愛撫について解説します。

 

アナル・アヌス。女性のヒップへの愛撫の仕方でSEXは変わる!

 

ちなみにお尻っていうのは、単にアナルの事だけを言っているわけではありません。お尻全体、【ヒップ】についてです。こう言われると、アナルへの愛撫はしたことがあっても、ヒップへの愛撫する男性って中々いないと思いませんか。否、実際少ないんです。

 

ヒップへの愛撫をしたとしても、例えば、ちょっとおっぱいを揉むように揉んでみたり、あとはバックで後ろから突く時に叩いたりなんてしませんか?笑 

 

 

それアナタよね?


 

 

はい。


 

でも、キス、そして乳首女性器と違って、愛撫にそう時間掛けないのが女性のお尻だと思います。確かに、乳首や女性器と違って、お尻への愛撫ってバリエーションはそうないのは確かです。決して敏感でもありませんしね。

 

でも男性って、女性のお尻に目が行きませんか?脂肪の多いお尻は、女性の【おっぱい】とよく似た特徴があるからです。

 

お尻への愛撫は「フェザータッチ」が基本

 

女性のヒップへの愛撫法!詳細はボタンをクリック!

お尻への愛撫の基本、それは「フェザータッチ」、これがベストです。羽毛で撫でるかのようにお尻に触れる、これが効果的なんです。

 

 

触れられているのかどうか、その微妙なタッチが女性をソワソワとした興奮状態にさせるんです。

 

 

お尻だけじゃなく、お尻から背中まで撫でるのも効果的です。


 

 

 

フェザータッチで触れられるとゾクゾクする快感があるんです。


 

普通にお尻揉んだりするのは、女性の側としてあまり性的な快楽は得られないようです。普通に肩揉まれてるのとそんなに変わらないよーですね。

 

 

嫁も、普通にお尻揉んでも、性的な興奮は感じてないですね、全然。


 

 

 

だって揉まれてるってしか感じないんですもん。


 

ただ、女性の場合、お尻は男と違っておっぱいのように柔らかいので、普通に揉むんじゃなく特殊な揉み方をすれば性的な興奮を感じさせる事ができます。やり方を説明しますね。

 

横になっている女性をイメージしてください。指先や手のひらだけで揉むのではなく、おっぱいを揉むようにお尻を両手で持ち上げ、円を描くように腕を使って大きく揉んで、そして最後に指先でぎゅーっとするんです。

 

イメージできますでしょうか??これ、結構効果的です。

 

 

コツはおっぱいを愛するのと同じようにヒップを揉む事です。


 

 

 

基本的にお尻は胸なんかよりもずっと鈍感なんで、力を入れられても結構大丈夫なんですよ。


 

 

床オナを利用した女性のお尻マッサージ

それにしてもどうして男性はこうもお尻に目が行くのでしょう。おっぱいも確かに興奮しますが、どうしてもお尻ってイヤらしい目で見てしまいませんか??

 

それはお尻が女性器にとても近いから

 

この一言にほかなりません。ただ、性感帯とはまた違うので、愛撫するバリエーションって本当に少ないんですね。そこでこれは管理人が得意とする、ちょっとしたマニアックなテクですが、お尻への愛撫をすることによって、間接的にクリトリスを刺激する、というワザがあります。

 

ちょっと何言ってるかわかんないです、とサン○ウィッチマンの○沢さんみたいな言葉が聞こえてきそうですが、説明をすると、

 

女性をうつ伏せに寝かせる
両手をお尻の上に乗せる
大きく円を描くようにマッサージする

 

どうしてこれが女性の性的快楽につながるのかというと、クリトリスが床に擦れることでクリトリス自体が刺激されるからなんです。

 

ちなみに、男性でもコレをする方は少なくないんですが、【床オナ】、床ズリとも言いますが、つまり恥骨部分を床に当て擦りつけるようにしてオナニーをする女性っていうのは、実は結構居るんです。全然少なくないんですよ。変わったオナニーじゃないんです。うつ伏せでお尻をマッサージする事によって、クリトリス部分が床に擦れ女性は性的快感を感じます。

 

このお尻マッサージのポイントは、

  • できるだけ大きな円を描くようにマッサージすること
  • クリトリスが擦れるようイメージしながらすること

この2点です。普通にクリトリスに触れる愛撫と違いイメージがしずらいかもしれませんが、力加減が上手くいくようになると結構ハマります。

 

ただしこれには注意点もあります。

 

<<注意点>>

その擦りつけや振動の刺激に対して快楽を得られるよう開発される事によって、通常のSEX体位じゃ中々イキにくくなってしまう恐れがあるからです。これは床オナしている男性も膣内射精ができなくなってしまうのと同じ原理です。
こちらの記事も参考にしてみてください。)

 

これっていうのはイク時の「姿勢」にあるんです。

 

イクのは普段のオナニーしている姿勢と近ければ近いほどイキやすいです。姿勢というより、イクための体の力の入れ方が大事なんです。

 

また、「刺激」も大事です。例えば、バイブを使ってオナニーしている人はその振動での刺激が一番イキやすく、通常のセックスではイキにくくなってしまうこともあります。

 

つまり、オナニーでイケて、セックスでイケないのは、イクのに大切な【姿勢(体の力の入れ方)】そして【刺激の方法】が変わってしまうんです。

 

なので、このお尻愛撫をマスターしても、し続けるのはご用心です。

 

 

管理人には昔、これをやり過ぎてセックスで全くイケなくなってしまった彼女が居ました…


 

 

 

私も快楽は味わいましたが、たまにしかお願いしないよう注意しています。


 

毎度毎度するのではなく、たまには違った快楽を与えたいと思った時にやってみるならオススメです。

 

肛門は指先の腹の部分で愛撫する

少しだけ長い前置きでしたが、いよいよアナル・肛門への愛撫に触れて参ります。ただ、肛門はちょっと触ったぐらいでも拒絶する女性も少なくないので、最初は無理に攻撃せず、女性器や他の部位を丁寧に愛撫してあげてください。もちろん愛撫は優しく、です。

 

 

女性器が濡れてきたら、その愛液を指先にたっぷり塗ってください。たっぷりです。ローションベビーオイルを使っても良いでしょう。

 

 

良いですか、一度女性に痛い思い嫌な思いをさせてしまうと二度とチャンスはやってきません!


 

 

 

優しく、優しく。最初は少しのコンタクトでも満足してほしいです。


 

もちろん爪はしっかり切ってますよね?その指で、女性の肛門を、指先の腹の部分で愛撫してやってください。ちょっとでもアナルの気持ち良さがわかってくると最初は拒絶していた女性も拒絶しなくなります。

 

肛門への指先の挿入は少しずつ少しずつ・・

肛門のマッサージは、指先の柔らかい部分を使って、優しくするのがポイントです。イメージとしては、肛門を揉みほぐすような感覚ですね。彼女の反応を見ながら、少しずつ少しずつ、指先を肛門の入口に入れていきましょう。

 

 

人差し指や中指よりも、肛門の場合、小指がベストかもしれません。ここで、一気に奥まで入れてしまってはいけません!一度に入れてしまわず、何日かにわけてちょっとずつ入れていくのが良いでしょう。

 

 

少しずつ少しずつ、肛門を広げるように入れていきましょう。


 

 

 

指を深くいれるよりも、肛門を広げるような感覚でやってもらうと痛みを感じる事もなくなります。


 

まとめ

最後熱く語ってしまいましたが、アナルセックスに興味の無い方は、後半部分は読み飛ばしてもらって結構です。(←後から言うヤツ。)

 

ヒップへの愛撫は、おっぱいを愛するのと同じように腕を使ってマッサージすることです。女らしさを感じさせる部分ではありますが、比較的鈍感な部位なので多少力を込めても痛いとまでは思われません。

 

マニアックな管理人提唱のうつ伏せお尻マッサージはあまり頻繁にやり過ぎないよう注意してください。普通のセックスじゃイケないカラダになってしまいますよ★(●>□・●)★